スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石家さんまさんは60歳になる前に死ぬ

お笑いタレントの明石家さんまさんは六十歳になる前に死んでしまうのでは? そんな不吉な予感がしたので、あえて予言します。

さんまさんは六十歳になる前に死にます。

(なぜこんな予言をするのか、その理由は「悪い予感がしたら(アポロ漫録)」を読んでください。)

何でそんなことを思ったのかというと、つい先ほどたまたま読んでいたネットの記事の中で、さんまさんが二年後の六十歳になったら芸能界を引退する事を示唆していると書かれていて、そんなこと本当にできるのかなぁ?とか考えていたら、ふと思ってしまったのです。

自分の思い描いた通りの人生を生きることができる人は幸せだと思います。でも、人はなかなか自分の思い通りに生きることができない物です。

特にさんまさんなんてトークでは脱線しまくりで物事にまっすぐ向き合うことが苦手な人なんじゃないかと思ってしまうし、誰よりも人の注目を浴びたいと思うような性格なのに、自分の意思で芸能界の引退なんてできるとはとても思えません。そういう意表を突く生き方をすることもまた注目を浴びるためなのかもしれないので、もしかしたら本当に引退してしまうかもしれないとも思うのですが……。

とても不可能だと思うことでも、本人の意思に関係なく、引退することが運命だったとしたら?

よくドラマやアニメなどにある、いわゆる「フラグが立つ」というやつで、もしかして「六十歳で引退」というのは、さんまさんの死亡フラグなんじゃないかと思ってしまったのです。

人の作った脚本やシナリオならお約束としての死亡フラグはありがちですが、現実にはそんな物はあり得ないことくらいは私だってわかっています。しかし……

さんまさんが死んだときに、「六十歳で引退と言っていたのにその前に死んでしまうなんて」と泣き崩れる関係者たちの姿を映し出すワイドショーの画面が目に浮かびます。

こういう悪い予感がしたときには、それが実現してしまう前に予言してしまうべきだ。そうすれば実現することもないだろう。

そう考えたので、あえて炎上も覚悟でこのような予言を書きました。

先ほどアポロ漫録に書いた「悪い予感がしたら」という記事は、そんなさんまさんのことを考えているときに思いついたことを書いた物です。あちらの記事が本題のように見えますが、実は発端はこちらに書いたことだったのです。ちょっと過激な内容なので表には書けずに裏ポロにというわけです。

私は自分の予言が当たってほしいなどとは思っていません。さんまさんのことが特別に好きというわけでもなく、さんまさんがあと二年以内に死ぬことになろうがそうでなかろうがどうでもいいことなのですが、人の生き死にに関わることを予感しておきながら、何もせずに本当に実現してしまったら後味が悪いので、こんな事が実現しないようにとの願いを込めて、予言をさせていただきました。

さんまさん、芸能界を引退してもいいので、長生きしてくださいね。(でも、芸能界引退したら泳ぎをやめた回遊魚のように呼吸困難で死んじゃうかも?)

.

スポンサーサイト

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 明石家さんま 予言 死亡フラグ

検索フォーム
記事タイトルの一覧表示

全ての記事を表示する

最新記事
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
Facebook
プロフィール

Author:アポロ
タロット占い師です。
HP: アポロのタロット占い
Twitter: @apolab

Facebook ページ:
- Apollo Tarot Divination
- Apollo Diviner
- Apollo Mager

ブログ:
- アポロ漫録
- アポログ
- ソラポロ
- Lovers Fortune
- apollogoo
- Yapollo!
- アポ天
- アポラボログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。