パスワード ゲシュタルト崩壊の恐怖

朝起きてパソコンを起動すると、デスクトップが表示される前にログインするためのパスワード入力を求められる。

ほんの十数文字のパスワード。毎日何度も入力しているのだ。頭の中だけではなく、もはや指が覚えてしまっている。絶対に、忘れるはずがない。

忘れるはずがない……はず……なのに毎回入力するたびに不安になる。ふとそれを思い出せなくなりそうな不安に駆られる。こういうのを「ゲシュタルト崩壊」とでもうのだろうか?

いつか本当にパスワードを忘れてしまう日が突然訪れそうで怖い。

パソコンの設定を変えてパスワード入力を省略するようにしてしまうこともできるが、セキュリティが低下するとかで推奨はされていない。パソコンを起動すれば誰でも私のパソコンの中身を見ることができてしまうからだ。

私のパソコンは占いの仕事で使ってるから当然他人の個人情報もたくさん入っている。いつでも誰でも見れるような状態で良いはずはない。

でも、もし私が死んだら、ここに残してある私自身の生きた証も誰にも見られることなく消去されてしまうことになるだろう。

それはつまり、私がこの世に存在していなかったのと同じことなのだ。

********

パスワード入力は辞めることにした。

コントロールパネルを開き、設定をする。

.


テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

tag : パスワード ゲシュタルト崩壊 パソコン セキュリティ ログイン

愚痴を書くのもエネルギーがいる

このブログではあまり表で堂々と言えないような愚痴や不平・不満をあれこれ書くことで胸の内にたまったものを吐き出してスッキリするというのも目的の一つです。

しかし、最近なんかもやもやするなぁ、愚痴でも書こうかなぁなんて思っても、なかなか投稿する気になれなかったりするときもあります。

どうやら愚痴を書くというのはそれなりにエネルギーが必要な作業であるらしく、元気がない時には愚痴すらも出てこないということなのかもしれません。

愚痴すらも吐き出せずに悶々としているうちに鬱病にでもなってしまうのでしょうね。

鬱病になる前に吐き出せと言われても、そのための元気がないのだからどうしようもないわけです。

そんな風に鬱病ってのは周りの人には理解されにくい病気だろうし、本人でも自覚しづらいものなのだと思います。

自覚できるうちはまだ元気がある証拠ですからね。

せめて元気なうちに愚痴をどんどん吐き出しておくべきだと思います。

.


テーマ : 体と心と元気になること
ジャンル : 心と身体

tag : 愚痴

検索フォーム
記事タイトルの一覧表示

全ての記事を表示する

最新記事
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
Facebook
プロフィール

Author:アポロ
タロット占い師です。
HP: アポロのタロット占い
Twitter: @apolab

Facebook ページ:
- Apollo Tarot Divination
- Apollo Diviner
- Apollo Mager

ブログ:
- アポロ漫録
- アポログ
- ソラポロ
- Lovers Fortune
- apollogoo
- Yapollo!
- アポ天
- アポラボログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示