保険の勧誘の仕方

保険か何かの電話セールスで、電話口で勧誘する前にまず「資料を送らせてもらってもよいですか」と言ってくることがあります。で、「いいよ」と答えると数日後に資料が届き、そのあとで再び電話がかかってきます。

つい先ほどもそんなセールスの電話がかかってきたばかりなのですが、わざわざ分厚い資料を送ってきた割には押しが弱く、ほとんど話もしないうちに電話を切ってしまいました。

商品を売る気があるならまずしっかりとその商品の説明をすればいいのに、何も説明しないうちから「興味ありますか?」とか聞いてくるので、私の方だってそもそもよくわからないものに興味がわくはずもありません。聞かれたら「興味はない」としか答えようがありません。

セールスって、興味を持ってもらうためにするものじゃないの?

なんだか最初からその商品について「知ってて当然」って感じでしたが、それじゃ物は売れませんよ。

私は保険とかまったく興味がないので、送られてきた資料も開封せずに放置してあったのですが、資料を送りさえすれば読んでもらえると思う考え方も甘すぎますね。

電話の目的は、その資料に興味を持ってもらって、封を開けて中身に目を通してもらうことでしょう。そういう努力を一切せずに、興味がなければ終わりとか、それじゃどんな優れた商品だって売れませんよ。

腕のある売り手ならどんなガラクタや腐ったバナナでもしっかりと客を納得させて売りさばくでしょうね。

そこまでしなくても物が売れるほど、今の世の中はバブルなのでしょうか?

.


テーマ : 稼ぎ方のノウハウ
ジャンル : ビジネス

tag : 電話セールス

コメント

非公開コメント

納得!

同感!意義なしです〜
仕事への意識は大切ですよね。
もちろん、アポロさんは手強い相手でしょうが…^^;(^^)
第一発生音だけでも伝わったりして!冗談だからねー
検索フォーム
記事タイトルの一覧表示

全ての記事を表示する

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
Facebook
プロフィール

Author:アポロ
タロット占い師です。
HP: アポロのタロット占い
Twitter: @apolab

Facebook ページ:
- Apollo Tarot Divination
- Apollo Diviner
- Apollo Mager

ブログ:
- アポロ漫録
- アポログ
- ソラポロ
- Lovers Fortune
- apollogoo
- Yapollo!
- アポ天
- アポラボログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示