機械が支配する理性的な社会は実現するのか?

社会を管理する組織というのは完全に理性的であるべきだと思う。例えば国会議員や裁判官のような職業のことね。

そういう組織に人間的な感情が入り込むと、偏りのある価値観で判断しがちになってしまい、一部の人たちだけを優遇してしまったりして、不公平な対応になりかねない。それが行き過ぎると独裁者や宗教に支配された社会のようになってしまう。それはとても危険なことだと思う。

現代の日本社会においては、前提としては宗教と政治は切り離されているけれど、それもやや曖昧な感じになっている部分もあるように見受けられる。日本だけではない。欧米でもその傾向は感じられる。

最近特に気になるのは性差別の問題。男女差別は昔からあることだけど、それが最近はその傾向がやや変化してきている。単純な男女という二元論ではなく、その中間の性にも社会的地位や権利を与え始めているのである。いわゆるトランスジェンダーなどと呼ばれる人たちのことだ。

トランスジェンダーと呼ばれるような人たちの人口は欧米や日本のような先進国ほど増えているのかもしれない。おそらく、本来の性ではなく「文化」が生み出した仮想的な性なのだ。

後進国の文化圏ではそのような性は生まれにくい。なぜなら、男と女は生物学的に男と女であるべきで、子供をたくさん産んでもらうことが国家の繁栄につながる。先進国に追いつくためには男女の性的役割は明確であるべきなのだ。

ところが、すでに繁栄しきった国家においては子孫繁栄の営みは優先度が低くなる。それ以外の文化的活動に意識が向けられるようになってくるわけだ。そうなると男女のセックスも単なる生殖活動ではなく、コミュニケーションの方法の一つに過ぎないというレベルになってくる。いかに産むかではなく、いかに楽しむかという方向に変わってくるわけだ。

子供を産む必要がないのなら、性交における性別もそれほど重要ではないということになる。同性同士でも快楽が得られれば良いのだ。

性別に意味がなくなったことで人は自らの性的アイデンティティを見失い、その迷いの挙句にたどり着いた結論が「トランスジェンダー」ということではないだろうか。

社会的にはそれを理性的に受け止めようとしているように見えるが、そんなものはとても理性とはいいがたい。快楽を得ようとする欲望が生み出した都合のいい理屈なのだ。それを正論として法的にも社会的地位を与えようなどというのはあまりにも下劣ではないだろうか。言い換えれば、人々に欲望のまま、意のままに生きよと言っているようなものである。言い過ぎなのは承知の上であえて言うが、それはつまり「犯罪者にも権利を与えよ」と言っているのと同じことなのだ。

欲望を抑えて生きよと諭す宗教的思想の方がよっぽどましである。

こういうことを公の場で堂々と言うと非難されてしまうような時代である。いわゆるネット上での炎上が即座に発生してしまう。だからそれを恐れて誰一人としてそのようなことを堂々と言おうとはしないだろう。社会的地位のある人ほどそういうことは言いたがらない。世間の賛同を得て人気者になりたければ、理性的な判断を捨てて世相(感情)に迎合しなければならないのだ。

まさに「裸の王様」状態の現代社会である。誰も本音では語れなくなってしまった。とても息苦しい社会だと思う。

そこでだ、話を本筋に戻すと、完全に理性的な組織というのは、そもそも人間には実現不可なのだと思う。どうあがいても人間は人間。欲望にあらがえないのだ。

では、どうすればいいのか? 誰の胸の内にもその答えは何となくあるのではないだろうか。それは、人間ではなく機械(コンピューター)に任せてしまうことである。

機械にはもちろん感情はない。完全に理性的な存在だ。それに任せてしまえばあらゆる人々にとって公平な組織が出来上がるだろう。理論的にはそうなるはずである。われわれ人間は機械に管理されて生きていた方が幸せなのかもしれない。

ただ、最近ではその機械ですら人間的感情を持ち始めているというのは気になるところである。もちろんその感情は人間がプログラムした疑似的・模倣的な感情でしかない。一見するとロボットやスマホなどが感情をもって話しかけてくれていると錯覚しがちだが、それらは決して本当の感情ではない。

しかし、人間が機械に感情を与えようとして試行錯誤した結果、実際にそれらしいものが本当にできているような気もしてくる。そもそも人間の感情だって、ある種のプログラムによる条件反射にすぎないのかもしれない。機械が示す疑似的な感情とどう違うというのだろう?

そんな今の機械を見ていると、それらに理性的な仕事を任せきってしまうのもやはり危険なのかもしれないと不安になる。たとえ中途半端なプログラミング的感情であっても、理性的判断を狂わせるには十分であるような気がしてならない。そもそもそれをプログラミングするのは人間なのだ。その人間の思想や価値観が反映されるのは当然といえる。

結局、機械にすべてを任せることもできないだろう。仮にそれをやってみたとしても、すでにそれが実現するような時代には機械にそれなりの感情が組み込まれていて、人間が運営する組織と何ら違いはなかったりするに違いない。

むしろ人間ほど融通が利かない点では、より危険な組織となりかねない。機械というのはいつまでたってもアスペルガー症候群なのだと思う。

人には理性も感情もある。でも、そこに愛情とか思いやりがあるからこそ、理由がなくても相手を「許す」ことができる。それだけ融通が利く余地があるのだ。

ところが機械にはそれが難しい。機械による結論は常に確定的で、それを変更するためには理由が必要なのだ。機械が「愛」を理解するのは、もっと時間がかかるだろう。

なぜなら、彼らには性別がなく、生殖活動をする必要もないからである。異性を思う気持ちがあるからこそ、人間は自然と愛を学ぶことができるのだ。

人間たちが性別を見失いかけている現代社会においては、愛すらも疑似的なものとなってしまうのかもしれない。いや、すでにそんな時代なのかもしれない。

.


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 政治 組織 コンピューター 機械 理性 感情 欲望 宗教 トランスジェンダー

パスワード ゲシュタルト崩壊の恐怖

朝起きてパソコンを起動すると、デスクトップが表示される前にログインするためのパスワード入力を求められる。

ほんの十数文字のパスワード。毎日何度も入力しているのだ。頭の中だけではなく、もはや指が覚えてしまっている。絶対に、忘れるはずがない。

忘れるはずがない……はず……なのに毎回入力するたびに不安になる。ふとそれを思い出せなくなりそうな不安に駆られる。こういうのを「ゲシュタルト崩壊」とでもうのだろうか?

いつか本当にパスワードを忘れてしまう日が突然訪れそうで怖い。

パソコンの設定を変えてパスワード入力を省略するようにしてしまうこともできるが、セキュリティが低下するとかで推奨はされていない。パソコンを起動すれば誰でも私のパソコンの中身を見ることができてしまうからだ。

私のパソコンは占いの仕事で使ってるから当然他人の個人情報もたくさん入っている。いつでも誰でも見れるような状態で良いはずはない。

でも、もし私が死んだら、ここに残してある私自身の生きた証も誰にも見られることなく消去されてしまうことになるだろう。

それはつまり、私がこの世に存在していなかったのと同じことなのだ。

********

パスワード入力は辞めることにした。

コントロールパネルを開き、設定をする。

.


テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

tag : パスワード ゲシュタルト崩壊 パソコン セキュリティ ログイン

愚痴を書くのもエネルギーがいる

このブログではあまり表で堂々と言えないような愚痴や不平・不満をあれこれ書くことで胸の内にたまったものを吐き出してスッキリするというのも目的の一つです。

しかし、最近なんかもやもやするなぁ、愚痴でも書こうかなぁなんて思っても、なかなか投稿する気になれなかったりするときもあります。

どうやら愚痴を書くというのはそれなりにエネルギーが必要な作業であるらしく、元気がない時には愚痴すらも出てこないということなのかもしれません。

愚痴すらも吐き出せずに悶々としているうちに鬱病にでもなってしまうのでしょうね。

鬱病になる前に吐き出せと言われても、そのための元気がないのだからどうしようもないわけです。

そんな風に鬱病ってのは周りの人には理解されにくい病気だろうし、本人でも自覚しづらいものなのだと思います。

自覚できるうちはまだ元気がある証拠ですからね。

せめて元気なうちに愚痴をどんどん吐き出しておくべきだと思います。

.


テーマ : 体と心と元気になること
ジャンル : 心と身体

tag : 愚痴

電話占い10分無料の売り文句にだまされるな!

グーグルで「無料 電話占い」というキーワードで検索してみるとたくさんの占い業者のサイトが出てくるのですが、そのほとんどが「最初の10分間は無料」という売り文句でした。

そういうものなのかな(?)と思いつつなんとなく眺めていると、知恵袋などのQ&Aサイトで10分無料の電話占いについて質問している記事があり、ちょっと気になったので読んでみました。

そこには、無料の10分間だけで済ませたいと思って電話したのに、話を引き延ばされて結局は有料占いになって料金を支払うことになってしまったというようなことが書かれていました。

わずか一分のオーバーでもその分の料金が請求されたとか、無料のつもりだったのに数千円の請求が来たとか、そんなエピソードがいくつか書かれていましたが、確かに「無料」のウリ文句に釣られた人からすれば納得のいかない話でしょう。

そんな利用者の声を目にしているうちに、だんだんと電話占い業者の実情が見えてきました。あの「無料占い」の売り文句は適切な表現ではありません。はっきり言えば「」です。正確に表現するならば、「10分間分の占い料金を割引しますよ」というだけのことです。非常に誤解しやすいですね。

彼らは最初から無料で占うつもりなどありません。しかし、「無料」という言葉を使った方が客の食いつきがいいので「10分間は」などと微妙な条件を付けて呼び込みを行っているわけです。

とりあえず食いついたら、まずは会員登録させて囲い込みです。会員登録させれば次回につながりやすいですからね。業者の悪い習性です。

そして、いざ占いに入ると必ず話は長引きます。そんなの当り前ですよ。わずか10分で済ませられる占いなんてありません。いくら無料でも無理です。絶対に無理というわけじゃありませんが、納得できる占い結果を出すには不十分です。その程度の占いでは相談者の心理としては「もっと聞きたい」と思うのが普通ですから、結局話が長引いてしまうことがほとんどでしょう。「10分」という絶妙な時間設定と「無料」という魔法の言葉の掛け合いによる見事なマジック! というか、トリックというか……はっきり言っちゃえば「詐欺」ですよ。人間の心理の弱点を突いた巧妙な罠です。

そんなものに引っかかってしまうお客さんも悪いのですけどね。時間がオーバーしてしまって料金を請求されても何も文句は言えません。

業者の方も所属の占い師にはきちんと指導しているはずです。10分で終わらせたら商売にならないんだから、少しでも長引かせるように頑張るんだぞといった感じで。

正直に「最初の10分間分の料金は割り引きます」と説明している電話占い業者は皆無です。どこもかしこも「10分無料」ばかり。ひどい話です。本当に頭に来ます。

だいたいね、そんな風に客をだますような嘘を平気でつく占い業者の占いを信じられますか?

ありえないでしょ!

はい。ここからは私のサイト「アポロのタロット占い」の宣伝ですよ。

私のサイトでも昔から無料占いを受け付けています。うちのは正真正銘の「無料占い」です。時間がオーバーしても料金を請求するようなことは絶対にありません。

無料で占いをしたい人はわざわざ怪しい占い業者に登録などせずに、私のところにおいでください。初回のみなどとケチ臭いことは言わず、何度でも無料で占いますので。

有料で占う場合でも、「最後の15分間」は料金に含みません。電話占いやチャット占いは30分単位の料金設定になっていますが、10分や15分のオーバーは最初から気にする必要はないのです。占い業者風に言うなら「15分無料」ですが、わざわざそんなことを売り文句にはしません。相談者の都合で30分以内で占ってくれと言われれば、その範囲内で収まるように占いますし、その際に15分くらい話が長引いても追加で料金を請求することはありません。

別に、私は多くの占い業者のやり方を反面教師としているわけではありません。私の場合は二十年近く前からやっていることなので、むしろ私の方が元祖です。私のようにまじめにやっている者からしたら、世の中に変な誤解を与えてしまうような業者のやり方は非常に迷惑です。占い師というのはそういう卑怯なものなのだというイメージを持たれたくはありません。

占い業者による「10分無料」という売り文句はやめてもらいたいと思うし、占いを利用される方々もそのような売り文句に騙されないようお気を付けいただければと思います。

無料占いをしたければ私のところに来ればよいし、それで物足りないと思うなら最初からお金を払うつもりで依頼してください。そういう心構えでいれば気持ちよく占いを活用できるでしょう。

.


テーマ : 占い
ジャンル : 趣味・実用

tag : 電話占い 無料 占い業者

猫は癒しグッズではありません - 大量殺処分される猫たち

猫ブームなどと言われています。確かにネットでは常に猫の写真や動画が投稿され続けており、多くのアクセスを集めています。アクセスを増やしたければ猫の写真を投稿すればいいといってもいいくらいです。

正直に言えば私だって猫は嫌いではありません。

日本人は昔から猫好きで、今に始まった特別なブームというわけではないでしょう。

一見すると誰もが猫を愛しているかのように思われがちですが、それは真実ではありません。「好き」というポジティブな表現でごまかされていますが、好きなら何をしてもいいというわけではありません。

大量の捨て猫・野良猫たちが殺処分されていることも事実なのです。そんな可哀想な猫たちのことは何とも思っていない(現実から目を背けている)のですからね。

愛猫家たちが猫を愛しているというのは真実ではありません。彼らは猫に癒されることを求めているだけであり、都合のいい道具のようにしか思っていません。だから平気でゴミ屑のように捨てられてしまうし、殺処分されているという事実には目を向けようとしません。それが、本当の真実です。

自分はそんなことはない、猫を捨てたりしないし虐待するようなこともないと主張したい人もいるでしょう。でもね、自分がしなくても世の中にはそういうことをする人たちがいる。その人たちを許してしまっている自分の甘さには目をつぶっているでしょう。

大量の猫たちが殺処分されているという現実に目を向けていますか? 目を背けていませんか? 自分の飼っている猫だけが安全ならそれでよいと思ってませんか?

癒しグッズか何かと同じようにしか思っていないから猫の写真や動画を見て「癒される~」だなんてのんきなことを言えるのです。

猫好きなんてしょせんはその程度なんですよ。

誰もが自分が大事。本当に猫のことを愛している猫好きなんて見たことがありません。

猫は、便利な道具じゃありません。癒しグッズではありません。まず、その勘違いから抜け出してほしいですね。

.


テーマ :
ジャンル : ペット

tag : 動物 殺処分 癒しグッズ

SMAP は解散すべきだった

SMAP はね、本当は解散すべきだった、もしくはジャニーズから独立すべきだったと思うんだよね。

今回の騒動は彼らにとってはステップアップの最大のチャンスだったのに、それを逃したばかりか今後はいばらの道が待っている。なまじジャニーズに残留してしまったことで、彼らはただの厄介者になってしまった。

最悪の選択だよ。

その道に誘導したのがキムタクだとしたら、キムタクは正義のヒーローどころか疫病神だったとしか言いようがない。そうさせたのは、裏でキムタクを操る工藤静香だったのかもしれないが。

.


テーマ : SMAP
ジャンル : アイドル・芸能

tag : SMAP 解散 ジャニーズ キムタク 木村拓哉

成人式は30歳くらいでもいい

成人式は18歳にすべきだなんて意見もあったりするようですが、私は逆に30歳くらいでもいいと思ってます。20歳じゃまだ子供過ぎるから成人式で大暴れして迷惑をかけるわけでしょ。そんなガキのために祝ってやることなんてありません。成人式なんてもっと精神的に大人になってからで十分です。

お酒とか選挙権とか、そういう大人の権利みたいなものは18歳からでもいいと思いますよ。権利とか義務とか、そういうものはできるだけ早いうちに与えた方がいいと思います。もちろん若すぎるゆえの失敗もあるでしょうが、そういう経験を積むことで精神的に大人になってゆくものです。

どうしても20歳でお祝いをしたいというのなら、七五三や何かと同じように家族で神社にでも行ってお祝いすればいいでしょう。地域全体で盛大に祝ったりするからガキどもは調子に乗るんです。そのまま「俺様は社会の主役だ」みたいな感覚で社会人になられても困ります。お前らは主役じゃなくて、これから社会の奴隷になるんだぞということをしっかりわからせてやりましょう。

.


テーマ : 旬のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 成人式

我々は既にコンピューターに支配されている ~ ネット上の言葉の規制

タロットカード 剣の8

ネット上の言論の規制が厳しくなってきていることに違和感を感じています。

ツイッターがヘイトスピーチ禁止など、禁止事項を詳細化するルール改定を実施」というニュース記事を目にして、確かにヘイトスピーチなどで人々が不快になるような発言を規制しようという方向性は一理あるとは思いますが、その対応が行き過ぎてしまうのは危険ではないかとも思うのです。件の記事内でも引用されていますが、ツイッターのヘルプセンターには以下のような記述があります。

Twitter は表現の自由を尊重し、権力に対しても真実を伝えるべきだと考えています。ただし、そのような理念も、人々が恐怖に怯えているために何も言えないという状況では何の意味も成しません。Twitter ではユーザーが安心してさまざまな意見や信念を表現できるよう、嫌がらせや脅し、または恐怖を与えて他のユーザーが発言できないようにするといった、攻撃的な行為を禁じています。

Twitterルール Twitterヘルプセンターより引用)

一見すると正義感あふれた素晴らしい対応だと思われるかもしれませんが、最後の部分「恐怖を与えて他のユーザーが発言できないようにするといった、攻撃的な行為を禁じています」というのはツイッターの運営者自身にも当てはめて考えると矛盾しているようにも見えてきます。

つまり、この禁止事項によってツイッターのユーザーはペナルティーを恐れ、委縮して自由に発言できなくなってしまう可能性もあります。「自由を尊重する」と言いつつ逆に自由を奪ってしまうのです。

自分だけの秘密の日記ならともかく、他人の目にさらすことになるツイッターの発言に分別が必要だというのは当然のこととして理解はできますが、運営者はユーザーが委縮せずに気軽に発言できるような対応の仕方を考えてほしいと思います。

このFC2のブログでも似たような問題は起きています。FC2ブログでは言葉狩りともいえるような独裁的でかなり厳しい言論の規制が行われているようです。禁止ワードが設定されており、悪質なブログと判断された場合にはアカウントが凍結されてしまうという事例が多発しているようです。禁止ワードには日常的に使われる言葉も含まれていたりして、悪意など意図せず使用してしまうこともあります。それが機械的に検知されただけでアカウントが凍結されたりしたらたまったものではありません。

同じことは他の多くのブログサイトでも行われているようですね。アメブロなども言葉狩りがかなり厳しそうです。

SNSやブログにおける文字の発言だけでなく、YouTube 等の動画サイトやインスタグラムなどの写真投稿サイトでも規制は厳しくなっています。音楽の使用はかなり厳しく規制されていますし、映像表現はアダルト要素があれば勝手に修正されたりします。

オンラインストレージですらアップロードするファイルの内容が検閲されていたりします。

Gmail などでメールの内容が検閲されているというのもよく言われていることです。スパム判定が厳しくてメールが届かないなんてことはよくあると思います。

もうね、気が付けばあっちもこっちもがんじがらめで自由なんてどこにもないと感じてしまいます。

いや、実際はこのようにかなり厳しく束縛を受けているということに気づいていない人は多いでしょう。これが当たり前だと感じて受け入れ始めてしまっているのです。感覚が麻痺しているのです。

それってめちゃめちゃ危険なことなんですが気づいていますか?

映画「ターミネーター」などのSF的な近未来の架空の物語などではよく題材にされていたことですが、既にコンピューターに人間が支配される世界が現実のものとなりつつあるのです。そして、その進行に人間自身は歯止めをかけられなくなっています

ネットの世界では何でもコンピューターで自動化させることが正義であるかのような勘違いが起きています。ネット上を流れる膨大な情報を人間がいちいち検閲していたら対応しきれないので、高度なプログラムを組んで文字や画像や音声のすべてを解析して機械的にすべてを処理することが理想的だと思われています。コンピューターが「このコンテンツは規約違反だ」と判断したら、間に人間の判断が入ることなく即座にアカウントが凍結されてしまったりします。

サイトの運営者にしてみたらこんなに合理的で素晴らしいシステムはないと思うかもしれませんが、これはまさに悪魔のシステムです。コンピューターに人間が支配されていることの危険性に気づかないのでしょうか?

問題のある情報の検知にコンピューターを利用するのは構わないと思いますが、そこにもっと「人間」としての対処の仕方を取り入れてほしいと思います。問題を検知したら、それをきちんと人間の目で見て、ユーザーと直接対話し、その上である程度の猶予期間を持って対処をするべきです。

もっと理想的な折り合いの付け方があるはずなのに、そういう面倒なことから逃げて楽をしようとするから秩序はますます乱れてゆくのではないでしょうか。

たとえどんなに手間や人件費がかかろうとも、人間がすることには人間が直接対処すべきだと思います。健全な人間社会とはそういうものです。

.


テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

tag : インターネット コンピューター 言葉狩り スカイネット Twitter ヘイトスピーチ

バチが当たるのが怖ければ正直に生きればよいでしょう

自分の願いを叶えたいと思うのであれば、それと引き換えに何かを失わなければなりません。代償が必要なのです。

欲望を満たしたければ嘘をついてでも成し遂げればよいでしょうが、嘘をつけばその代償としてのバチは必ず当たります。

バチが当たるのが怖ければ正直に生きればよいでしょう。(ただし、正直に生きることが必ずしも正しいとは限らない。)

.


テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

tag : 等価交換 嘘つき 正直者

オカマ

他人を批判しまくるマツコ・デラックスさんは自分の物まねをされるのが嫌いなんだとか。自分のことを批判されてるように感じるんだろうね。

誰だって自分のことを批判されるのは嫌なことだと思うけど、オカマとかニューハーフとかその類の人たちは特に嫌がる傾向があるように思う。

なぜなのかはだいたいわかる。彼らは自分に自信がないんだよね。こんな自分は世間に認められていないという後ろめたい思いが常に心のどこかにある。それでも強がって何とかこの世を生き延びようとしているけど、自分が気にしている部分を批判をされることが怖くて仕方がないのだ。

でも、それって本当は自分自身が自分を認めていないだけなんだよね。だから他人に認めてもらうことでどうにかこうにか自分を支えて生きている。批判されることはその大切な支えを失うことになるわけで、残された自分自身でさえ自分を認めていないのだから生きる支えを完全に失ってしまうことになる。だから、絶対に他人の支えを失うわけにはいかないのだ。

批判されることを恐れて他人にかみつく前に、まずは自分で自分をしっかりと支えられるよう自信を持つべきなのだ。

オカマだからとかニューハーフだからとか、自虐的に考えるのではなく、性別に関係なく堂々と「自分は自分」と自信を持てばいい。

まあ、それができないからオカマなんだろうけどね。その定義自体が卑屈でよくない。

.


テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

tag : マツコ・デラックス オカマ ニューハーフ トランスジェンダー

検索フォーム
記事タイトルの一覧表示

全ての記事を表示する

最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
Facebook
プロフィール

Author:アポロ
タロット占い師です。
HP: アポロのタロット占い
Twitter: @apolab

Facebook ページ:
- Apollo Tarot Divination
- Apollo Diviner
- Apollo Mager

ブログ:
- アポロ漫録
- アポログ
- ソラポロ
- Lovers Fortune
- apollogoo
- Yapollo!
- アポ天
- アポラボログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示