成人式は30歳くらいでもいい

成人式は18歳にすべきだなんて意見もあったりするようですが、私は逆に30歳くらいでもいいと思ってます。20歳じゃまだ子供過ぎるから成人式で大暴れして迷惑をかけるわけでしょ。そんなガキのために祝ってやることなんてありません。成人式なんてもっと精神的に大人になってからで十分です。

お酒とか選挙権とか、そういう大人の権利みたいなものは18歳からでもいいと思いますよ。権利とか義務とか、そういうものはできるだけ早いうちに与えた方がいいと思います。もちろん若すぎるゆえの失敗もあるでしょうが、そういう経験を積むことで精神的に大人になってゆくものです。

どうしても20歳でお祝いをしたいというのなら、七五三や何かと同じように家族で神社にでも行ってお祝いすればいいでしょう。地域全体で盛大に祝ったりするからガキどもは調子に乗るんです。そのまま「俺様は社会の主役だ」みたいな感覚で社会人になられても困ります。お前らは主役じゃなくて、これから社会の奴隷になるんだぞということをしっかりわからせてやりましょう。

.


テーマ : 旬のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 成人式

我々は既にコンピューターに支配されている ~ ネット上の言葉の規制

タロットカード 剣の8

ネット上の言論の規制が厳しくなってきていることに違和感を感じています。

ツイッターがヘイトスピーチ禁止など、禁止事項を詳細化するルール改定を実施」というニュース記事を目にして、確かにヘイトスピーチなどで人々が不快になるような発言を規制しようという方向性は一理あるとは思いますが、その対応が行き過ぎてしまうのは危険ではないかとも思うのです。件の記事内でも引用されていますが、ツイッターのヘルプセンターには以下のような記述があります。

Twitter は表現の自由を尊重し、権力に対しても真実を伝えるべきだと考えています。ただし、そのような理念も、人々が恐怖に怯えているために何も言えないという状況では何の意味も成しません。Twitter ではユーザーが安心してさまざまな意見や信念を表現できるよう、嫌がらせや脅し、または恐怖を与えて他のユーザーが発言できないようにするといった、攻撃的な行為を禁じています。

Twitterルール Twitterヘルプセンターより引用)

一見すると正義感あふれた素晴らしい対応だと思われるかもしれませんが、最後の部分「恐怖を与えて他のユーザーが発言できないようにするといった、攻撃的な行為を禁じています」というのはツイッターの運営者自身にも当てはめて考えると矛盾しているようにも見えてきます。

つまり、この禁止事項によってツイッターのユーザーはペナルティーを恐れ、委縮して自由に発言できなくなってしまう可能性もあります。「自由を尊重する」と言いつつ逆に自由を奪ってしまうのです。

自分だけの秘密の日記ならともかく、他人の目にさらすことになるツイッターの発言に分別が必要だというのは当然のこととして理解はできますが、運営者はユーザーが委縮せずに気軽に発言できるような対応の仕方を考えてほしいと思います。

このFC2のブログでも似たような問題は起きています。FC2ブログでは言葉狩りともいえるような独裁的でかなり厳しい言論の規制が行われているようです。禁止ワードが設定されており、悪質なブログと判断された場合にはアカウントが凍結されてしまうという事例が多発しているようです。禁止ワードには日常的に使われる言葉も含まれていたりして、悪意など意図せず使用してしまうこともあります。それが機械的に検知されただけでアカウントが凍結されたりしたらたまったものではありません。

同じことは他の多くのブログサイトでも行われているようですね。アメブロなども言葉狩りがかなり厳しそうです。

SNSやブログにおける文字の発言だけでなく、YouTube 等の動画サイトやインスタグラムなどの写真投稿サイトでも規制は厳しくなっています。音楽の使用はかなり厳しく規制されていますし、映像表現はアダルト要素があれば勝手に修正されたりします。

オンラインストレージですらアップロードするファイルの内容が検閲されていたりします。

Gmail などでメールの内容が検閲されているというのもよく言われていることです。スパム判定が厳しくてメールが届かないなんてことはよくあると思います。

もうね、気が付けばあっちもこっちもがんじがらめで自由なんてどこにもないと感じてしまいます。

いや、実際はこのようにかなり厳しく束縛を受けているということに気づいていない人は多いでしょう。これが当たり前だと感じて受け入れ始めてしまっているのです。感覚が麻痺しているのです。

それってめちゃめちゃ危険なことなんですが気づいていますか?

映画「ターミネーター」などのSF的な近未来の架空の物語などではよく題材にされていたことですが、既にコンピューターに人間が支配される世界が現実のものとなりつつあるのです。そして、その進行に人間自身は歯止めをかけられなくなっています

ネットの世界では何でもコンピューターで自動化させることが正義であるかのような勘違いが起きています。ネット上を流れる膨大な情報を人間がいちいち検閲していたら対応しきれないので、高度なプログラムを組んで文字や画像や音声のすべてを解析して機械的にすべてを処理することが理想的だと思われています。コンピューターが「このコンテンツは規約違反だ」と判断したら、間に人間の判断が入ることなく即座にアカウントが凍結されてしまったりします。

サイトの運営者にしてみたらこんなに合理的で素晴らしいシステムはないと思うかもしれませんが、これはまさに悪魔のシステムです。コンピューターに人間が支配されていることの危険性に気づかないのでしょうか?

問題のある情報の検知にコンピューターを利用するのは構わないと思いますが、そこにもっと「人間」としての対処の仕方を取り入れてほしいと思います。問題を検知したら、それをきちんと人間の目で見て、ユーザーと直接対話し、その上である程度の猶予期間を持って対処をするべきです。

もっと理想的な折り合いの付け方があるはずなのに、そういう面倒なことから逃げて楽をしようとするから秩序はますます乱れてゆくのではないでしょうか。

たとえどんなに手間や人件費がかかろうとも、人間がすることには人間が直接対処すべきだと思います。健全な人間社会とはそういうものです。

.


テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

tag : インターネット コンピューター 言葉狩り スカイネット Twitter ヘイトスピーチ

バチが当たるのが怖ければ正直に生きればよいでしょう

自分の願いを叶えたいと思うのであれば、それと引き換えに何かを失わなければなりません。代償が必要なのです。

欲望を満たしたければ嘘をついてでも成し遂げればよいでしょうが、嘘をつけばその代償としてのバチは必ず当たります。

バチが当たるのが怖ければ正直に生きればよいでしょう。(ただし、正直に生きることが必ずしも正しいとは限らない。)

.


テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

tag : 等価交換 嘘つき 正直者

オカマ

他人を批判しまくるマツコ・デラックスさんは自分の物まねをされるのが嫌いなんだとか。自分のことを批判されてるように感じるんだろうね。

誰だって自分のことを批判されるのは嫌なことだと思うけど、オカマとかニューハーフとかその類の人たちは特に嫌がる傾向があるように思う。

なぜなのかはだいたいわかる。彼らは自分に自信がないんだよね。こんな自分は世間に認められていないという後ろめたい思いが常に心のどこかにある。それでも強がって何とかこの世を生き延びようとしているけど、自分が気にしている部分を批判をされることが怖くて仕方がないのだ。

でも、それって本当は自分自身が自分を認めていないだけなんだよね。だから他人に認めてもらうことでどうにかこうにか自分を支えて生きている。批判されることはその大切な支えを失うことになるわけで、残された自分自身でさえ自分を認めていないのだから生きる支えを完全に失ってしまうことになる。だから、絶対に他人の支えを失うわけにはいかないのだ。

批判されることを恐れて他人にかみつく前に、まずは自分で自分をしっかりと支えられるよう自信を持つべきなのだ。

オカマだからとかニューハーフだからとか、自虐的に考えるのではなく、性別に関係なく堂々と「自分は自分」と自信を持てばいい。

まあ、それができないからオカマなんだろうけどね。その定義自体が卑屈でよくない。

.


テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

tag : マツコ・デラックス オカマ ニューハーフ トランスジェンダー

本当の癒しと悪魔の所業

人の心の弱みに付け込んで金儲けしたがる輩がやたらと目につく。

アメーバでペタを残していく連中に多いんだけどさ、「癒し」とか「こころ」とかをキーワードにした長々しいアカウント名を付けて、満面の笑みのプロフィール写真を載せてるとか、そんなの信用できる?

まともな精神状態の人なら怪しいと思って近づかないと思うんだけど、心が弱っている人が見たらふらふらと吸い寄せられるようにプロフィールを開いて簡単に信用してしまうのだろうか?

こういう輩に話を聞くと必ず言うけど、「自分は人助けをしているとしか思っていない」らしいね。こういう輩というのは、言ってしまえば「詐欺師」のことなんだけどね。プロの詐欺師で有罪判決を受けたような人とも話したことがあるけど、反省はしてても罪悪感はなかったりする。刑務所の中では「次はもっとうまく騙そう」ということくらいしか考えてない。

本人には罪悪感なんて全くないわけで、世のため人のために良いことしかしていないと思っているもんだから、実に堂々とした態度で生きている。プロフィール写真の満面の笑みもそんな態度の表れのようにも見えてくる。

あんたら、神様や仏様にでもなったつもりかいね? 尊敬する人は美輪明宏とか言うんじゃないだろうね。

彼らのビジネスは弱っている人がほしがっている物をどんどん与えることで依存心を高め、逃げ出せなくしてしまう。顧客は自分の力で立ち上がれなくなり、ますます腰抜けの抜けになってゆく。そうやって他人の生気を吸い取って私腹を肥やしてゆくのが奴らのやり方なんだろう。

麻薬の売人だよね。

人々の要求に応え、しかも感謝されるわけだから罪悪感を感じるどころか、聖人にでもなったと勘違いしてしまうかもしれない。「いい人」を演じている自分に酔いしれ、とても気分がいいかもしれない。でも、実際にはそれは「悪魔の所業」だよ。自己満足の快楽に溺れた悪魔だよ。

タロットカード: ⅩⅤ 悪魔

癒しってさ、他人が「治してあげるよ」って感じで押し付けるようなもんでもないと思うんだよね。

自分自身の回復力を取り戻すことが本当の癒しであって、物や他人に依存しているうちはいつまでたっても立ち直れないと思う。

その依存心を断ち切ってあげること、自立を促してあげることこそが本当の意味での癒しにつながる。

本当の人助けって、そういうことだと思うよ。

私の占い師としての仕事はそのようなスタンスでありたいと思っている。いわば「死神」であり、アメコミのゴーストライダーをイメージしてもらってもいい。

タロットカード: ⅩⅢ 死神

もちろん、弱っている人を元気にしてあげることは悪いことじゃないだろうけど、それをしたければ金儲けのためではなく無償奉仕でやれ。ゼロ円のスマイルで人を癒せ。すべての人に平等に光を降り注ぐ太陽のごとく。

それができれば本物の聖人だ。

タロットカード: ⅩⅨ 太陽

.


テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

tag : 癒し ヒーリング 詐欺師 悪魔 死神 太陽 ゴーストライダー

リスペクト

真似をされるということは嬉しいことではあるんですけどね。自分の作り出したもの、いわば遺伝子が受け継がれることを意味するわけですから、生命として子孫を残すことと同じくらい価値のあることだと思うのです。遠慮せずいくらでも真似をしてほしいと思います。

でも、元ネタ(本家・オリジナル)に対する敬意(リスペクト)を示さず、いかにも自分が作り出したかのように主張するのは感心できません。そういうのはパクリというか、著作権法違反の犯罪として厳しく断罪してやりたいですね。

いや、リスペクトがあろうがなかろうが、遺伝子が受け継がれてゆくことにこそ意味があるわけで、断罪する必要など本当はないとは思いますけどね。

そんな「たましい」のない遺伝子を、まるで工場で機械を量産するかの如く受け継ぐことに意味があるのかとも疑問に思います。設計図と材料さえあればよいというのでしょうか? それではまるでフランケンシュタインのようなモンスターです。

今こうして私たちが生きていられるのはご先祖様が命をつないできたおかげです。そのご先祖様に感謝するのは当然のことでしょう。

その「感謝する気持ち」こそが「魂」であり、「愛」なのです。

愛(魂)のない世界は滅びます。

何かの真似をしたり、教えを受けたりしたら、その恩に報いるだけの感謝の気持ちをしっかりと示してほしいと思います。

.


テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

tag : リスペクト 感謝 著作権

当たるという評判の占い師

「当たると評判のあなたに占ってほしい」と言われて依頼を受けたことがあります。

どこかで評判を聞きつけて占いの依頼をしようと思った人は他にも何人かいるとは思いますが、ここまではっきりと言う人は珍しいですね。当たると言えば占い師が喜ぶと思っておだてているつもりだったのでしょうか。

いい意味で評価してくれるのは嬉しいですけどね。

世間の評判というのはなかなか本人の耳には入りにくいもので、私の占いがどう評価されているのか私にはよくわかりません。「当たる」などという評判をどこで聞いたのかは気になります。

ただ、私は自分の占いが当たるということは全く保証していません。むしろ外れるということを堂々と証明しているくらいです。

評判を聞きつけ、当たることを期待して依頼されているのだとは思いますが、その期待には応えることはできないわけです。

「当たる確率と同じくらい外れる確率も高いと思っていただければ間違いありません」と相談者の方にもはっきりと告げた上で依頼を引き受けました。こちらもへそを曲げて依頼を断るなんてことはしませんのでご安心ください。

夢を壊すようで申し訳ありませんが、占いの本質は「当たり外れ」にあるわけではないと私は思っています。

占うことで相談者自身が得られる「気づき」にこそ意味があるのです。占えば占うほどたくさんの気づきを得られるわけですから、占いを上手に活用できる人は人間的に成長するチャンスにも恵まれている人だといってもいいでしょう。

当たるから占うのではなく、闇の中で光明を見出すようなイメージで占いを積極的に活用してもらえればと思います。

タロットカード: 隠者

.


テーマ : 占い
ジャンル : 趣味・実用

tag : 占い師 占い

保険の勧誘の仕方

保険か何かの電話セールスで、電話口で勧誘する前にまず「資料を送らせてもらってもよいですか」と言ってくることがあります。で、「いいよ」と答えると数日後に資料が届き、そのあとで再び電話がかかってきます。

つい先ほどもそんなセールスの電話がかかってきたばかりなのですが、わざわざ分厚い資料を送ってきた割には押しが弱く、ほとんど話もしないうちに電話を切ってしまいました。

商品を売る気があるならまずしっかりとその商品の説明をすればいいのに、何も説明しないうちから「興味ありますか?」とか聞いてくるので、私の方だってそもそもよくわからないものに興味がわくはずもありません。聞かれたら「興味はない」としか答えようがありません。

セールスって、興味を持ってもらうためにするものじゃないの?

なんだか最初からその商品について「知ってて当然」って感じでしたが、それじゃ物は売れませんよ。

私は保険とかまったく興味がないので、送られてきた資料も開封せずに放置してあったのですが、資料を送りさえすれば読んでもらえると思う考え方も甘すぎますね。

電話の目的は、その資料に興味を持ってもらって、封を開けて中身に目を通してもらうことでしょう。そういう努力を一切せずに、興味がなければ終わりとか、それじゃどんな優れた商品だって売れませんよ。

腕のある売り手ならどんなガラクタや腐ったバナナでもしっかりと客を納得させて売りさばくでしょうね。

そこまでしなくても物が売れるほど、今の世の中はバブルなのでしょうか?

.


テーマ : 稼ぎ方のノウハウ
ジャンル : ビジネス

tag : 電話セールス

占い結果を郵送するためにかかる経費は約2千円

メール占いで郵送のオーダーが入ったので、今回はセブンイレブンのコピー機を使った文書プリントで印刷してみることにしました。(今までは自宅のプリンターを使ってましたが、15年くらい前に買ったプリンターなので印刷品質が悪すぎるし、古すぎてもうインクカートリッジが入手困難なのです。)

占い結果はA4の用紙で28枚分。PDF形式のファイル(サイズは約36MB)をUSBメモリに入れてセブンイレブンに持って行きました。フルカラープリントで一枚50円になるので、印刷代だけで1400円かかりました。

A4サイズの用紙を折り曲げずにそのまま入れることができるクラフト封筒が七枚入りで190円だったので、一枚で計算すれば約27円(と言ってもめったに使わないので残りは廃棄処分の可能性大)。

郵便局の窓口に持って行き、定形外郵便としての料金が205円。速達にしたのでさらに280円の追加。

合計で1912円になりました。

メール占いの料金は5000円なので、郵送にかかる経費を差し引くと3088円になってしまいます。

こんな感じで郵送の場合はかなり損失が大きくなってしまうのですが、それでもあえて通常のメール占いと同じ料金設定でやってます。占い結果はパソコンやスマホなどの液晶ディスプレイで見るよりも、できるだけ紙に印刷した状態で読んでもらいたいんですよね。その方がより深く心に響くと思うのです。

できれば占い結果を受け取った人が自分で印刷してもらうのが一番いいんだけど、そういうことが苦手な人も多いと思うので、こちらで印刷して郵送するサービスもやっているというわけです。

郵送の場合はその辺も考慮してチップを多めに足してもらえると助かります。強制はしませんけどね。

.


テーマ : 占い
ジャンル : 趣味・実用

tag : タロット占い メール占い 郵送 コンビニ 印刷

アスペな占い師

私が占い師として相談を受ける態度は決して「察しが良い」と言えるようなものではないと思います。多くの相談者は自分の説明がなかなか私に伝わらなくてイライラしているかもしれません。

「なんだ、この察しの悪い占い師は!」

例えば、「人間関係に悩んでるんです」と相談すれば、その先は言わずとも「こうすればよくなりますよ」とすぐにアドバイスしてくれるのが察しの良い占い師ということになるでしょう。多くの人はそのようなことを期待して占い師のところに行くわけです。占いとは「黙って座ればピタリと当たる」というものだと思ってるわけです。確かにそういう一面もあるので否定はしません。

占い師は普通の人とは違う特殊な能力があって、人の心も簡単に読めてしまうというのが世間の認識でしょうか?

とはいえ、占い師でなくても普通の人ならすべてを説明せずとも言いたいことはだいたい理解できるものです。彼女が「寂しいの」と言えば、「今夜は一緒に過ごそうね」と優しい彼氏は言ってくれるでしょう。ほとんどの人たちはそんな風に直感的に相手のことを察することで円滑な日常生活を送っているわけです。

ところが、「寂しいの」と言っても、「ああ寂しいのか」と思うだけで、それ以上のことを考えられない人もいます。その言葉の裏にある「一緒にいてほしい」という気持ちが理解できないのです。単純に性格や人格の問題である場合もあるでしょうが、そういう人の中には「アスペルガー症候群(アスペ)」と呼ばれる脳の障害として診断される場合もあるようです。私もこの障害についてはつい最近知ったばかりです。

私自身はいわゆるアスペの自覚はありませんが、もしかしたら「この占い師はアスペなのか」と疑いを抱く相談者もいるかもしれません。少なくともそう思われても仕方のない態度をとっていることは事実です。

ここから先は占いのお仕事における「ネタばらし」になってしまうのであまり書きたくはないのですが、オカルト(秘密主義)めいたやり方も好きではないので、きちんと説明しておきたいと思います。

私は相談者の気持ちを察していないわけではありません。むしろ言いたいことは最初から分かっているのです。相談内容のだいたいの全体像も最初からつかんでいます。長年占い師として多くの人の相談に乗ってきた経験があればたいていのことは察しが付くものです。その点では素人以上の能力を有しているのは間違いありません。

ただ、人の悩みは人それぞれで、いくら経験上察しが付くとはいえ、聞いてみなければわからないこともあります。この点は経験豊富な占い師ほど犯しやすい過ちだと思うのですが、過去に受けた他人の相談内容と似ているというだけで決めつけてしまい、話を聞かずとも「わかったつもり」になってしまうことがあります。それでうまく話を合わせられるときもあるでしょうが、よくよく話を聞いてみると思っていたこととは全く違っていたなんてことはよくあります。

「わかったつもり」は大きな勘違いを招くもとであり、大変危険なことなのです。薬屋が患者に毒を盛るようなことになりかねません。

相談者の悩みを真剣に受け止め、適切な処置を行うためには、最初から「わかったつもり」の先入観を持って話を進めるのではなく、逆に「何もわからない」というていで、頭の中を真っ白にしてから話を聞くべきなのです。

0 愚者

「わかったつもり」のいかにも察しの良い占い師は、相談者の話を聞くことすらしないかもしれません。話さなくてもわかっている(つもりな)のですから聞く必要がないのです。そういう占い師と話をしていると不思議と話が合うので楽しくてしょうがないでしょう。その場しのぎの会話を楽しみたいだけならそれでも良いかもしれません。一時的に気分がすっきりすれば良いと思う人もいるでしょう。占いもしょせんは遊びの一種ですからね。

しかし、占いにおいては、まず相談者の話を「聞くこと」が何より重要だと私は思っています。コールド・リーディングのような騙しテクニックだと思われようとも、徹底的に話を聞きます。そして、すべてを理解したうえで初めてタロットカードをめくるのです。それがその相談者にとって本当に意味のある占いになるのです。

また、占い師が徹底して聞く態度を示し、相談者自身にすべてを語ってもらうことで、相談者は自ら問題を整理することができます。悩みの大半は自分が何を悩んでいるのかすらもわからずモヤモヤとしていることだったりしますが、話しながら問題を整理しているうちに悩みはほとんど解決してしまったりします。占い師が押しつけがましいことを言う必要もありません。

悩み相談のメインはそこにあると言っても過言ではありません。それくらい、相談者自身が「話すこと」、そして占い師が「聞くこと」は重要なのです。その後の占いは気持ちを納得させるためのおまけのようなものにすぎないと言ってもいいくらいです。

こういうネタばらしをすると、「なんだ本当は最初から分かってるのか、だったら何も言わずに占ってくれよ」とか思われそうですが、だから書きたくなかったんですよね。でも、これが私の誠意だと思ってもらえれば幸いです。

アポロという占い師は適当に話を合わせるようなことはしません。ちょっと意地悪だと思われるくらいしつこく話を聞きます。察しが悪い占い師を演じてはおりますが、アスペだからとかそういうわけではなく、相談者のことを真剣に考えているからこその態度ですので、どうかご理解いただければと思います。

「めんどくさい」と感じて占いの途中で帰ってしまう人もたまにいますが、少し我慢してお付き合いいただければ、最後には納得のゆく占い結果をお伝えできると思います。気の短い方に無理強いは致しませんが……。

.


テーマ : 占いカウンセリング
ジャンル : 心と身体

tag : 占い師 アスペルガー症候群

検索フォーム
記事タイトルの一覧表示

全ての記事を表示する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Facebook
プロフィール

Author:アポロ
タロット占い師です。
HP: アポロのタロット占い
Twitter: @apolab

Facebook ページ:
- Apollo Tarot Divination
- Apollo Diviner
- Apollo Mager

ブログ:
- アポロ漫録
- アポログ
- ソラポロ
- Lovers Fortune
- apollogoo
- Yapollo!
- アポ天
- アポラボログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示